小指が寝てしまうのは

Go down

小指が寝てしまうのは

投稿  DG on 2013-05-09, 2:23 pm

タイトルのとおりですが、自分は大きく左手を開こうとすると左手の小指が寝てしまいます。

どういう状態かというと、
・小指の第二関節がブリッジの方向を向き、
・小指の先端はヘッド皮を向く
…という感じです。基本的に悪いことではないという意見をよく聞くのですが、押さえによっては極端に傾いてしまう場合があります。
どうにかして改善(より指を指板に垂直に)することはできないものかと悶々としています。

それでも通常の押弦時なら、まあ大きな問題もないかなと思っていたのですが…問題はスラーの時です。
スラーの時に指が寝ていると、綺麗な音がうまく出せません。これは練習不足ということに起因するのでしょうか?
関節が柔くなったり、指の独立性が向上すれば改善することなのでしょうか?
ちなみにビブラートもややかけにくく感じます。

自分としては手首の角度を変える(小指が指板から遠ざかる方にやや傾ける)というのが解決法かなと思うのですが、他の指の押弦も考えると手首の向きを変えられない時があります。

以上、まとめますと、小指が寝ないように押弦するにはどうすれば良いのか、というのが質問の主旨になります。
皆さんどうぞよろしくお願いします。

DG

投稿数 : 2
所在地(Location) : Sendai
Registration date : 2013/05/09

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可